産経新聞の政府観測気球「衆議院解散」

政府・自民党の御用新聞・産経が突如打ち上げ始めた解散論。おそらくこれは官邸の打ち上げた観測気球だろう。解散論を流して世論の動向を探る、いつも使う政府・自民党の手だ。最近の世論調査では安倍内閣の支持率が急降下、でもまだ40%後半の支持率はある、まだ高いうちに選挙をやってしまって、一気に憲法を変える体制を作ってしまおうとの魂胆だろう。その首相はドイツに行っているという、トランプの先棒を担ぐつもりか。世界の嘲笑を受けるだけなのに、国費の無駄使い(航空機代、同行官僚の人件費、宿泊代等)はそろそろ辞めてもらいたいものだ。行っても逆効果なのだから。

[PR]
by at05292269 | 2017-03-20 09:39 | 政治
<< 安倍さん嘘をついていないなら夫... 国有地格安払い下げ疑惑、問題は... >>